関西出身。湘南在住。いつか自分の料理屋を持つのが夢。趣味のお料理、旅、カメラ、日々の出来ごとを気ままに綴るブログ。


by na0-YND
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:筍( 5 )

筍掘り

ゴールデンウィークは、
ちょうど筍が最盛期のため、
毎朝山に入って筍を掘る。

昨日はなかった所に、
今朝は筍の先が沢山顔を出すぐらい、
筍の成長ってとても早い。


落ち葉に隠れた緑の芽が、筍の頭。
(写真の真ん中より少し下のあたり)



b0172670_22255486.jpg

周りの葉っぱをよけまして、
(※タケノコレクション2011は、DUSH村風。)

b0172670_22255593.jpg



筍の根っこを断ち切るイメージで、
四方をスコップで掘ります。

b0172670_22334745.jpg



ポッピングに乗る要領で、えいっ!
b0172670_2233486.jpg



根っこの赤いぶつぶつまで、
ちぎらず掘り出せたら大成功。

小躍り。

b0172670_22475112.jpg

b0172670_2247512.jpg

b0172670_23131153.jpg



今年も昨年同様、数は少なめ。
でも筍ご飯に始まり、
天ぷらや煮物、グラタンなどにして、初物を楽しんでいます。

b0172670_23131149.jpg


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

掘った筍30kg以上ある背篭をしょって、
さらに空いた手で薪用の枯木を集める母。

私には背中まで持ち上げることすらできない。
恐ろしい、山育ちの体力。


b0172670_23333234.jpg

[PR]
by na0-YND | 2011-05-04 23:11 |

筍のクリームパスタ




b0172670_208290.jpg



堀たて筍をつかってパスタの昼ごはん。


■材料(4人分)
筍(水煮)
エリンギ 1パック
豚肉
にんにく 2片
酒 大さじ3
オリーブオイル 適量

牛乳 500cc
スライスチーズ 4、5枚(チェダーチーズの入っているものがベスト)
味噌 小さじ1
塩こしょう 適量
木の芽 10枚(刻む)



■手順
フライパンにオリーブオイル、
にんにくを入れて温め、
豚肉を炒めて酒を加え、火が通ったら、
エリンギ、筍、を炒め牛乳を加える。

牛乳がひと煮立ちしたら、
味噌、チーズを加え、塩こしょうで味を整える。

仕上げに木の芽を散らす。
※塩加減は、チーズ、塩の量で加減する。


掘ったばかりの筍は、
皮ごと炭火に入れて蒸し焼きに。
塩、柚子こしょうで食べます。
焼きたてはトウモロコシに似た香りがする。
美味しさは、
言うまでもなく!
[PR]
by na0-YND | 2011-05-03 20:08 |

今年も




今年も豊作を祈って、
たけのこガールいざ出陣。


b0172670_15153983.jpg



満開のヤマツツジと、
よそんちの山だろうがかまわず、突き進む母。


b0172670_1515401.jpg

[PR]
by na0-YND | 2011-05-03 15:15 |

姫たけのこ


今が旬の山菜、『姫たけのこ』をどっさりいただきました。
そのため、今晩は姫たけのこフェスを開催。

b0172670_21585195.jpg


木の芽和え(味噌と砂糖と山椒の芽)。

b0172670_2294922.jpg


茄子、きんちゃく、つくねの煮物。

b0172670_22104030.jpg


きんちゃくには、
こないだのピーマンの肉詰めで余って冷凍しておいた『肉種』を、
熱湯で油抜きしたうす揚げに詰めたもの。
(肉種には、しいたけ、たけのこ、梅酢漬け新しょうが、甘酢漬けみょうがをそれぞれ刻んで入れた)

つくねは、ただうす揚げに入り切らなかった残りの種。
丸めて小麦粉をまぶして、煮崩れ防止のためあらかじめフライパンで、
表面がきつね色になる程度に焦げ目をつける。

茄子、きんちゃくも同様にフライパンで軽く焦げ目をつけておく。
材料がかぶるくらいの出汁で15分程、中火で煮込み、あらかじめ茹でておいた筍をここで投入。
酒、みりん、醤油を加えて10分ぐらい煮る。

都会ではなかなか見かけない、姫たけのこ。
冬はスノーボードで、夏はゴルフやBBQでお世話になっている長野のお母さん、
森のログホテルカムループスのママさんからいただいた贅沢な山の幸。
(ちなみにカムループスはわんちゃんも泊まれます。人間はフレンチのフルコースが食べられます。冬は床暖房で快適です。)

b0172670_2264461.jpg


細くてしゃきしゃきの歯ごたえがくせになります。
普通のたけのこの様に、糠で灰汁抜きをする必要もなく、
ただ茹でるだけで食べられてお手軽。

こちらは皮ごと蒸し焼きにして塩をふっただけ。

b0172670_2225647.jpg


しゃきしゃきの歯ざわりがたまらなく美味しい。
[PR]
by na0-YND | 2009-06-12 22:43 |

GWは、母の実家がある広島で過ごしました。
山と自然に囲まれ、街灯もない、のどかで静かでそれはそれはいいところ。

夏は天の川がくっきり見えて、流れ星がいくつも見えて、
大人になった今となっては、大好きな場所。

そして家の真裏の山では、今が旬の筍がところせましと顔を出す。

b0172670_2138769.jpg

(全身ピンクのパー子風ファッションで決めた,CHIE)

ここで見えている筍達は育ち過ぎているためアクが強く食べられません。
竹林になってしまうので、やむなく伐採。

食べられるのは、ほんのちょっと頭が出たもの。

b0172670_21511647.jpg


周りの土を慎重に堀り、傷つけないよう掘り出します。

b0172670_21363786.jpg


ご近所へ配る分も入れて、この日の収穫はこのとおりどっさり。

この後、一日かけて灰汁抜きされ、
翌晩、筍ご飯、木の芽和え、筍の春巻きにと化けました。

b0172670_2025629.jpg


●筍ご飯は、同じく山で採れた山菜も一緒に炊き込んで。
●木の芽和えは、やはり同じく山で採れた木の芽(山椒の芽)とみそで。
●春巻きは、千切りにした筍とじゃが芋を、マヨネーズ・塩こしょうで味つけ。

沢山採れた筍は、出汁と醤油で下味をつけ、小口に切って冷凍しておけば

素揚げにしたり、鰹節と炒めたり、揚げ浸しにしたりと
手法・組み合わせを変えてしばらくの間、我が家の食卓に並びます。

山がくれた贅沢に感謝。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
広島へ行く途中に立ち寄った休憩所で、運ばれて行く豚さんに遭遇。

b0172670_20341449.jpg

可愛い顔して見てるけど、お前はこれから美味しい豚肉になるんだよ。


日本語の『いただきます』という言葉は、

『あなたのお命いただきます』

の意味だそうです。

素敵な日本語。

豚さん達のお命も、大事に美味しくいただきますからね。
[PR]
by na0-YND | 2009-05-07 20:48 |