関西出身。湘南在住。いつか自分の料理屋を持つのが夢。趣味のお料理、旅、カメラ、日々の出来ごとを気ままに綴るブログ。


by na0-YND
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:そうめん瓜( 1 )

そうめん瓜

今朝、
母から、実家の畑で採れた野菜がたくさん届いた。
ゴーヤにみょうが、茄子、玉ねぎ、じゃが芋・・・
とにかくたくさん!
b0172670_23422324.jpg


みょうがが梅酢に漬けてあったり、
野菜ひとつひとつを紙に包んでくれていたりと、
朝から一人静かに心踊らせながら大切に料理。

きゅうり茄子みょうがの味噌和え
b0172670_23464739.jpg


茄子は薄切りにして塩をふって5分ほど放置。
水(灰汁)が出るのでしっかりと絞って、薄切りにしたきゅうりと味噌で和える。
(最初は固い味噌も混ぜているうちに野菜の水分となじむ)

全体がしっかりと馴染んだら、千切りにした梅酢漬けみょうが(甘酢漬けも可)を混ぜる。

白いご飯が欲しくなる野菜のおかずです。

おろしそうめん。
b0172670_013530.jpg


おろしは大根1/4をつかって大量に。
大根の真ん中辺りが辛すぎずほどよい。

そして、実家で夏になると定番の『そうめん瓜』のマヨネーズ和え
b0172670_035679.jpg


『そうめん瓜』

関西では馴染み深い野菜なんでしょうが、ここ関東にいると
そうめん瓜を料理前の姿でみかけることは、ほとんどない。
(夕顔はよく見る)

何度料理してもこれほど奇妙な野菜は他にないといつも思う。

見た目はかぼちゃか冬瓜のよう。
b0172670_062447.jpg


断面。
b0172670_064345.jpg


この時点ではどこら辺が、『そうめん』なのか見当がつかず。
でもこれを全体に火が通るまで15分ほど熱湯で茹でると、


真ん中のワタの部分かと思いきや、
側面の白い『実』の部分がみるみるうちにそうめん状にほぐれていく。
b0172670_14142413.jpg

b0172670_14143475.jpg



そうめん部分。
b0172670_14152282.jpg


きれいに皮だけ残る。
b0172670_1415326.jpg


最初にこれを発見した人よく気づくわ、こんな食べ方があるって。


食べ方は、マヨネーズ以外に三杯酢でも美味しい。
食感はぽりぽりとしてます。

----------------------------------------------------------------------------------------------
最近、浜松から東京にお引っ越ししてきた友達と一緒に今日は
私的、湘南ナビ(ベーシック編)しました。

藤沢を出て江の電に乗り、まずは
高徳院(鎌倉大仏)→長谷寺(アジサイ寺として有名)→海沿いの店でしらすを食べる→鎌倉八幡宮→お茶屋で甘味→
夕暮れ時を狙って江ノ島/展望台

長谷寺からの鎌倉由比ケ浜
b0172670_0181773.jpg


夕暮れ時の江ノ島
b0172670_0202865.jpg


次回は、ちょっと踏み込んだ『中級編』です。


ちなみに江の電を乗り降りするのに画期的!!その名も、

『のりおりくん』
b0172670_0225479.jpg


580円で江の電沿線の駅は何度でも乗り降り自由です。
友達に聞いて今日初めて知った・・・

----------------------------------------------------------------------------------------------
鎌倉の大仏、正面の姿は普通ですが面白いのは後ろ姿。


b0172670_0274871.jpg



換気が出来る、扉つき〜〜〜
[PR]
by na0-YND | 2009-08-23 00:28 | そうめん瓜