関西出身。湘南在住。いつか自分の料理屋を持つのが夢。趣味のお料理、旅、カメラ、日々の出来ごとを気ままに綴るブログ。


by na0-YND
カレンダー

<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

レモン塩だれ




b0172670_9595429.jpg



ガラスープカップ1/2、にんにく醤油小さじ1、レモン汁小さじ1、片栗粉。
(片栗粉はここで最初にスープといておく)

肉、野菜と、麺を炒めた一番最後に↑のスープをまわしかける。
[PR]
by na0-YND | 2009-05-29 21:59 | ソース

おかき

本日は、レモン塩焼きそばと大根サラダ。

b0172670_21133191.jpg


大根サラダにはから煎りしたお揚げを。
カリカリです。

b0172670_21142446.jpg


焼きそばにはレモン塩。

b0172670_2118956.jpg


鶏ガラスープカップ1/2、にんにく醤油小さじ1、レモン汁小さじ1、片栗粉。
(片栗粉はここで最初にスープといておく)

肉、野菜と、麺を炒めた一番最後に↑のスープをまわしかける。
とろみがつくのでお弁当にも持って行けます。

カシューナッツもフライパンでから煎りしておくと香ばしく歯ごたえのアクセントになります。

焼きそばは一度湯通ししておくと、味が馴染みやすいし、お好み焼き屋で食べる
あのジューシーな感じになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
勝手に、私の好きなブログ紹介。
(自分でも驚くほど、ほぼペットブログ)

【ライフタイル】
母ちゃんちの晩ご飯とどたばた日記ーお料理に愛情を感じる。3人のお子さんとのやりとりも笑える。こういうお母さんになりたい。

ハラショーな日々ーロシア人の夫『ワーニャ』のゆるさがつぼ。


【猫】
まこという名の不思議顔の猫ーぶさいく猫まこの愛嬌のみならず、部屋がとにかくお洒落。

アメショっす!ーラムと銀ちゃんが本当に喋ってそう。

うちの猫らー猫とは思えない顔つきの『ようかん』と、猫好きにはたまらない生後間もない子猫『おかき』の成長。

ジュルのしっぽージュルの顔が可愛い。ほのぼの系。

ハラネコー上記『ハラショーな日々』の飼い猫ちゃんバージョン。


【犬】
気まぐれカメラー糸井さんちのジャックラッセルテリア『ブイちゃん(ブイヨン)』がたまらなく可愛い。

モモ走ります!ーパピヨンとヨーキー。

富士丸な日々ー言わずと知れた富士丸のブログ
[PR]
by na0-YND | 2009-05-29 21:38 | 麺類

はさみ揚げ

今晩は、長芋のはさみ揚げと塩漬けキャベツのごま和え。

b0172670_212558.jpg


長芋のなかには、豆腐と鶏ひき肉のつくね。
つくねは、塩、味噌、刻んだ木の芽(山椒の芽)、で味付けし、
卵白、片栗粉をつなぎに。

小麦粉を付けた長芋で挟んでさらに全体に粉をまぶして揚げる。

b0172670_2162446.jpg

b0172670_216364.jpg


砂糖、醤油、出汁、酒を鍋に入れて沸騰させたところへ揚げた
長芋を入れて片栗粉でとろみ付け。

つくねの種が余ってしまったたので、それも小麦粉を付けて丸めて揚げました。

長芋がさくさく、つくねは木の芽の香りがしてこれは上出来。
(ご飯とお味噌汁にお漬け物、卵焼きをつけたら定食屋でお金取れそう)

ちなみに、
つくねの味付けには、味噌や木の芽の代わりに、柚こしょうや実山椒を刻んでも
美味しそう。

お弁当用にはお酢を足して甘酢あんにして持っていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コンビニに売られていた
『宇治抹茶プリン 黒糖葛餅入り』。

b0172670_2114953.jpg



星1つ半です。
[PR]
by na0-YND | 2009-05-28 21:16 | 長芋

ねっとり長芋

本日の夕飯。
お素麺と、お豆腐のケチャップあんかけ。

b0172670_21533429.jpg


お素麺には、おろし和え(大根、山芋)に刻んだ大葉、おくら、納豆、みょうがの甘酢付けを。
暑くなると無性にねばねばしたものが食べたくなります。

b0172670_21565457.jpg


お豆腐のケチャップあんかけは、

b0172670_221627.jpg


鶏ひき肉を炒めて酒をふり、塩漬けキャベツを加えて炒め少ししんなりしたところに、
あらかじめ合わせておいた、あんを入れる。
(ケチャップ:酢:めんつゆ(3倍きしゃくの原液)を、
大さじ 3:1:1(2人分)と、オイスターソース、にんにく醤油を少々)

全体がなじんだら水とき片栗粉でとめます。

今回お豆腐に乗せましたが、厚揚げ豆腐だともっと美味しい。
(こんばんは、冷蔵庫に期限間近のお豆腐がおったため)

お豆腐以外にも、白身の魚や海老、肉だんご、と色々使える万能ソースです。
ご飯が進むおかずにぴったりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
我が家で使う長芋は絶対これです。

b0172670_22144522.jpg


『新品種 ねっとり長芋』

鍋に入れたらお餅のように伸びる伸びる。
その名のとおり、かなりのねっとり加減。
山芋好きにはたまりません。
[PR]
by na0-YND | 2009-05-27 22:15 | 豆腐

左脳

本日の夕飯。

b0172670_20512269.jpg


●トマトと塩漬けキャベツのスープ
●茄子とトマトのグラタン
●大根サラダピーナツバターソース

茄子とトマトはあらかじめオリーブオイルで炒めて顆粒コンソメと塩で味付けし、
ツナを加えてからオーブンへ。

b0172670_2053237.jpg


ピーナツバターソースは、
ピーナツバター(甘さ控えめの、ピーナツの粒が入っているものがおすすめ)をマヨネーズ、
料理酒、牛乳でのばし、醤油を味を見ながら加えたもの。

b0172670_20544294.jpg


ピーナツの風味が美味しく、大根1本食べられそうな勢い。


明日のお弁当にはグラタンにパスタを足して持っていきます。

b0172670_2056370.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
左脳が開く。

2、3年会っていない人のことをふいに思い出したり、
普段は考えもしない人が夢に出てきたり、ということが時々あります。

そういうとき、翌日その人から連絡を貰ったり、
思いがけずに街で再会したり、
ということが今までに何度もあります。

また、
クイズ番組などで、問題を最後まで聞き終わる前、もしくは、4択を言う前に
答えがひらめいてしまったり。
(問題の意味がわからない場合が多いので知っているのではなく、ひらめき)

偶然と言えばそうなのですが、
こういう場合、『左脳』が開いているんだそうです。
(根拠は知りませんが)

でも、あくまで『ひらめき』なので、考えたり、当てに行くことは出来ず。
宝くじを買うときとか、もっと為になることに使えたらいいのに
思うようには行きません。
[PR]
by na0-YND | 2009-05-26 21:09 | トマト

ギャラリー

本日はお好み焼き。

b0172670_21262435.jpg


関東に住んでいると、山芋たっぷりのとろりとしたお好み焼きには
なかなか出会えないのである。

その反動がゆえに、我が家で作るお好み焼きには山芋をこれでもか、
というほど入れる。

そうすると、何が起こるかというと、

返しを、

『失敗』

するのである。

山芋多めのつなぎ少なめ、の生地に耐久力などなく。

やむを得ず、包丁を入れて皿に盛られ、風情のないお好み焼きが完成する。

されど、

味は我ながら良い出来。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『空』の写真が好きです。

湿度の多いアジアでは、夕暮れが特に奇麗だと思う。

(以下、バリ島にて)

b0172670_21334435.jpg

b0172670_21341154.jpg

b0172670_21342940.jpg

(機内からの朝焼け)
b0172670_21414238.jpg


お気に入りの写真は、A4に焼いて油絵用の木枠に貼って廊下の壁に。
おうちギャラリーが出来上がります。

b0172670_21375656.jpg

[PR]
by na0-YND | 2009-05-25 21:38 | 写真

手芸

どうにもこうにも、一人暮らしの休日は料理に手を抜きがちである。
仕方がない(だってお弁当必要ないもーん)。

究極の手抜き料理。
冷しゃぶパスタ。

b0172670_2113565.jpg


塩漬けキャベツ、豆腐、豚肉、ごまだれ。

---------------------------------------------------------------------------

週末が「雨」だと前もってわかっている時は、
もっぱら内職をします。

地道に編んだ、サマーコットンのバッグ。

b0172670_21142452.jpg


日々のお料理写真の皿の下にいつもちらりと写りこむコットンのドイリー。

b0172670_21144241.jpg


この夏は登場するか。
編んだもののなかなか着方がわからない、コットンのキャミソール。

b0172670_2115246.jpg


一度始めると何事にものめりこんでしまう性分です。
(ただ、ものすごく飽きっぽい)

今は、真夏に向けてビニール糸のクラッチバッグを編み中。

出来上がったらまたアップします~♪
[PR]
by na0-YND | 2009-05-24 22:14 | パスタ

夏の野菜

もうすっかり夏日。
と、いうわけで素麺が解禁となりました(私の中で)。

はい、どーん。
つなさいやめんそう、どんあー、ダーサラ夏ヤーゴ
(夏野菜そうめん&ゴーヤツナサラダ)

b0172670_2237518.jpg


そうめんの上には、茄子とゴーヤの揚げ浸し。
昨晩のうちに、酢揚げして出汁につけて冷蔵庫へ入れておいたもの。

b0172670_22283351.jpg


ミョウガも昨日のうちに甘酢浸けに。

b0172670_2228555.jpg


ミョウガは縦に2等分し、熱湯で20秒ほど茹でる。
熱いうちに甘酢につけて冷蔵庫で一晩寝かせる。翌日から食べられ、冷蔵保存で2週間日持ち。

[甘酢]
●酢 カップ3/4
●砂糖 大さじ1半(舐めてみて酸っぱいようなら量を調節)
●塩 小さじ1
(あらかじめ鍋にかけてひとにたちさせておく)


大葉と、きゅうりも夏の野菜。

夏野菜には、熱くなった体から熱を下げてくれる作用があります。
逆に、冬の野菜(主に根菜)は冷えた体を芯から暖めてくれる。
その時期の旬を食べろとは、まさにこういうことなんですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たいがい、翌日のお弁当は前の日の夕飯と同じものを持っていきますが、
素麺は持っていけないので、明日のお弁当は、
これ。

b0172670_2231767.jpg


マカロニのナポリタンの上に、豆乳とガーリックバターで作ったホワイトソース乗せ。

ガーリックバターを焦がさないよう、小麦粉を弱火で練り、
豆乳を加えて気長に水分を飛ばす。
味付けは塩のみ。生クリームを使わないので、あっさり。
これに、サラダとデザートを付けて持っていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
b0172670_22341368.jpg


星のピノが出ました。
[PR]
by na0-YND | 2009-05-20 22:38 | みょうが

みょうがの甘酢浸け





b0172670_10271721.jpg




[甘酢材料]

●酢 カップ 1/2
●砂糖 大さじ2(味をみて酸っぱいようなら量を調節)
●塩 小さじ1

※この量でみょうが9こまで漬けられる

みょうがは縦に2等分し、熱湯で40秒ほど茹でる。
熱いうちに甘酢につけて冷蔵庫で一晩寝かせる。
翌日から食べられ、冷蔵保存で2週間日持ち。
[PR]
by na0-YND | 2009-05-20 22:25 | みょうがの甘酢漬け

丼、おひたし

早くも2回目の登場、「手抜き料理」。

豚丼とゴーヤのおひたし。

b0172670_22195183.jpg


豚はしゃぶしゃぶ肉を使って、きのこ、アスパラを、
砂糖、お酒、にんにくしょうゆで甘辛く味付け。

b0172670_2256245.jpg


ゴーヤのおひたしは昨日のチャンプルーの残り分を昨日のうちに、軽くゆがいて、
めんつゆにつけて冷蔵庫へ入れておいたもの。

こちらは苦みがかなり抜けて後味に少し残る程度。
しゃっきしゃきの歯ごたえが癖になります。

b0172670_22255291.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もうすでにご存知の方がいらっしゃるかもしれません、
『川口秀夫君を支援する会』の、

川口さん。

海外での臓器移植でしか治らない病気が発病してしまい、余命は2年、早くて半年。
この人を何としてでも助けたい、そしてまだまだ生きていて欲しい。
と願う周りの人達の思いから始まった募金活動。

当初の募金の目標金額は、7,500万円でした。

時間が十分ではない中で、
少しずつ、確実に、金額は目標へと近づいて、
最終的に集まった募金の額は8,000万円。

そして、
先週とうとう渡米先でドナーが見つかり、手術に成功。

私は縁があって、募金活動のお手伝いをさせてもらうことになり、
始めて参加したのが12月。
募金が始まったのは、11月。
ついこないだのこと。

街頭募金の活動というか、街中で全然知らない人の前で大声を出すことすら初めての私にとって、
この活動への参加は貴重な体験となり、
これがどれほどの自信になり、そして励みになったことか。

初めてそこへ立った時は、
緊張と、知らない人がお金なんか入れてくれるのかという不安とで、
口が震えて言葉にならなかった。

そんな不安はほんのつかの間。
男の人、女の人、おじさん、おばさん、若い人、小学生、小さい子供まで。
たくさんの人が、胸で抱えている箱にお金を入れて、そしてほぼみんなが、
「頑張って」とか「応援しています」と言葉をかけてくれた。

タクシーの運転手さんは勤務中に車を止めて、窓から手を伸ばしてお金を入れてくれた。
鎌倉の駅前では、団体で観光に来たおじさんおばさんが、
一人入れたら私も私もと他の友達も呼んできてくれた。

行きも帰りも募金してくれたおばちゃんや、人力車スタッフの若いお兄さん。
小学生のグループがみんなで照れながらも、少しずつおこづかいを募金してくれた。
何度も何度も胸がいっぱいになって、涙が止まらなくなって、言葉につまった。

一人一人の善意がこれだけの大きな輪になって、
こうして人の命をも救おうとする力の強さ。
この状況を目の当たりにすると、出来ないことなんか何もない、と思う。

人の心の暖かさを身を持って教えてもらったのでした。

ご協力してくださった皆様へ、本当にありがとうございました。
川口さんが一日も早く完全復活し、元気に日本へ帰って来られますように。

b0172670_22535489.jpg

[PR]
by na0-YND | 2009-05-19 23:19 | お肉